リンパトリートメントについて

「リンパを流す」という言葉はよく聞くけれど、リンパっていったい何なの?と思ったことはありませんか。

 

「リンパ」とは・・・

人間の体には、「リンパ管」と呼ばれる管が全身に張り巡らされています。その中を流れているのが「リンパ液」で、リンパ管の途中でフィルターの役割をしているのが「リンパ節」です。これらを総称して、「リンパ」と呼んでいます。リンパには、”免疫””排泄”という二つの働きがあります。

 

「免疫機能」

私たちのカラダは、常に守られています。フィルターの役割をしているリンパ節には免疫細胞であるリンパ球がたくさん集まっていて、老廃物や細菌が全身に回らないようにしてくれています。風邪を引いたときにリンパ節が腫れるのは、リンパ節で免疫システムがウイルスなどと戦っているからです。

病原菌やウイルス、がん細胞から守ってくれている生体防御システムを”免疫力”と言いますが、それを担当する細胞は白血球です。中でも主役はリンパ球で、リンパ球は一度戦った細菌やウイルスの性質を記憶し、同じ病原菌が再度侵入したときに抗体を作り出し、体を守る能力を持っています。

 

「排泄機能」

細胞が動脈の隙間から染み出した血しょうから栄養素を吸収すると、代謝産物として老廃物と水分が残ります。その大部分は静脈に回収されますが、静脈に入りきらない老廃物はリンパ管が回収します。

血液は心臓のポンプで全身に流れますが、リンパは筋肉のポンプ作用によって流れる特徴があります。例えば、座りっぱなしでいるとむくみが生じるように、リンパの流れが滞ると余分な水分や老廃物がうまく排泄されず、体内に蓄積され、免疫機能や栄養素の取り込みもうまく機能しなくなり、さまざまな不調を引き起こすことがあるのです。

 

~リンパの流れを促進し、内側からの美しさを引き出す~

 

リンパトリートメントにより、「心地よい」と感じると、自律神経は副交感神経優位になります。そうすると、脳からアセチルコリンという神経伝達物質が分泌され、リンパ球が活性化されます。

有酸素運動、食事のバランス、質の良い睡眠、体温(36.5℃から37℃)はもちろん大事ですが、心地よいアロマの香りの中でのトリートメントは、ストレスを解消し、免疫力をアップさせることが期待できます。

 

 

リンパトリートメント後にお願いしたいこと・・・

  • 水分の摂取(水分を取ることで老廃物を排出しやすくなります)
  • 食事を取るまでに最低2時間は空ける(トリートメント後は吸収率がよくなっていますので、できるだけ時間を空けていただくことをお勧めします。また、消化のよい食事がお勧めです
  • アルコールは控える(血流が良くなっていますので、いつもよりお酒の巡りもよくなります。できるだけお控えください)

  

トリートメントを受けた日は、なるべくゆっくりとお休みください・・・。